TOPページ > 先輩からのスピーチ

身近に見てきたという立場

会社の先輩として結婚式のスピーチをすることになったのならば、社会人になってからの新郎(新婦)の様子を身近で見てきたものとして、その働きぶりや頑張り、成長の様子を伝えられるような内容にするのがいいでしょう。

もちろん、結婚を喜んだりお祝いしたりすることは大切ですが、近しい立場にいる人間として知っているエピソードトークを織り交ぜておきたいものなのです。そのほうが新郎(新婦)の人となりの紹介にもなるからです。

スピーチの構成としては

スピーチを作成する際の基本的な構成としては、まずはお祝いの言葉から自己紹介になります。「○○くん、××さん、そして両家のみなさま、ご結婚おめでとうございます」から始まって、自分が新郎(新婦)と同じ会社で働いている△△であると名前を述べます。

先輩であることは無理に強調する必要はありません。司会者から紹介される段階で明らかになっているケースが多いですし、エピソードトークのなかでも立場がわかるようにすることができます。

エピソードトークをするときには、新郎(新婦)の普段の様子や人柄などが紹介できる内容を心がけましょう。もちろん、頑張っている様子や成長したところなども話しておきたいものです。それから励ましの言葉となりますが、そのときには自分が既婚者ならばアドバイスなども少し入れておくのもいいでしょう。

先に上司がスピーチをしている場合は、違う内容にすることも忘れないようにしましょう。内容がかぶってしまった場合は、激励やお祝いの言葉で締めるだけにとどめておくのも1つの手です。