TOPページ > 新郎から親へのスピーチ

新郎から両親へのスピーチ

結婚式というと、お嫁に行く新婦が両親に宛てた手紙を読むのがよく知られている場面です。いっぽうで新郎の場合は、そのあとや式の最後に謝辞を述べる機会があります。そのときに両親や、新婦の親に対して感謝を述べるというケースもあります。

もちろん、列席者にも謝辞を述べることになりますが、両親に向けたものは少し内容を変えるのもいいでしょう。すべて同じにしてしまうと味気ないスピーチになってしまいます。

新郎から親へのスピーチでは、まずはお礼を述べるのが基本ですが、これからの新生活への豊富なども織り交ぜていくのもいいでしょう。あまり素直に感謝の言葉を述べるのは恥ずかしいという人は、これからも頑張っていくので心配しなくても良いという内容にするという方法もあります。

また、それが決意表明にもなるからです。新郎のスピーチはあまり長いものでなくてもいいので、列席者への感謝とこれからの2人に期待してもらえるような内容で締めるのがいいでしょう。

そして、実際にスピーチをするのは披露宴の最後になることもあるので、それまでにお酒に酔ってしまわないようにすることも大切です。緊張して式にのぞんだあとに、披露宴で少し気を抜くと酔いがまわりやすくなってしまうという人もいます。そうすると、考えてきたスピーチの内容も忘れてしまうこともあるのです。

仮に内容を忘れてしまったならば、その日1日の結婚式のことを思い出しながら、素直な気持ちを伝えるのがいいでしょう。そのときも無理をして長く喋ろうとする必要はありません。