TOPページ > 友人からのスピーチ

友人を引き立てる

友人の結婚式に招かれてスピーチをすることになったのならば、雰囲気を盛り上げられるような内容にしたいものです。とくに結婚相手やその家族には、まだまだ知られていない一面などもあるならば、そのいったんがわかるエピソードなどを交えながら話をすると効果的です。もちろん悪口になったり評判を落とすような内容は避けるべきですが、友人を持ち上げられるようなスピーチをすることで、場を盛り上げることができるはずです。


いつからの友人かを明確に

一般的な友人代表のスピーチというのは、祝いの言葉を結婚する2人にかけて、自分の自己紹介を列席者に向かってすることになります。そのときには、大学時代からの友人なのか、社会人になってからの友人なのかといった部分を明確にしておくと、その後のエピソードトークに持っていきやすくなります。

エピソードトークの内容は、前述のように友人の評価が上がるような内容にしましょう。笑いがとれる失敗談をするときには、不適切な内容が含まれていないか注意しなければいけません。

エピソードトークのあとは、2人に再度お祝いの言葉を述べたり、激励の言葉を言ってスピーチを終了することになります。そのときの注意点としては、既婚者でもないかぎりは自分の結婚観などを語らないようにしましょう。あくまで友人としての立場から、励ましたり、持ち上げたりという姿勢が大切になってくるのです。

結婚相手からしても、聞いたことのないエピソードを知ることができる良い機会となります。自分の心に残っている印象深い思い出を出し惜しみせずに披露するのがいいでしょう。