TOPページ > 忘年会の幹事としての挨拶の仕方

忘年会での幹事の挨拶の仕方とは

忘年会はその年一年のまとめをし、数日後の新年ではよいスタートが切れるよう願いを込めて開かれる会です。忘年会は新年会よりも多勢で開かれることが多く、社内行事としては最後の飲み会として大切な行事になることも多いでしょう。

忘年会の幹事となった人は、できるだけしっかり計画を立て滞りなく会が進むようにしておく必要があります。忘年会の幹事としてのスピーチ・挨拶では一年の総括を兼ねた内容にしましょう。

忘年会の幹事の挨拶は真面目な態度で

忘年会では、「年忘れ」と称して無礼講で会を進めることもよくあります。無礼講といっても会社の行事として行われている場合には、それなりに年上の方や上司の方への敬意を忘れるわけにはいきませんので、その点十分に注意が必要です。

忘年会の幹事の挨拶でも、あまりふざけた内容や茶化すような内容にはせず、一年を厳かな気持ちで振り返り、お世話になった人たちへのお礼の気持ちを込めて行うことが大切です。

忘年会の幹事の挨拶として適した話題

具体的な忘年会の幹事の挨拶の方法はどのようにすればよいでしょう。硬くなりすぎず、かといって柔らか過ぎないようにスピーチをまとめるためには、構成を考える必要があります。

「昨年は○○なことがありましたが、みなさんのおかげでなんとか○○となりました。来年度もよろしくお願いします」といったように、終盤にかけて明るくなってゆく内容にすると、おさまりがよくなります。