TOPページ > 新年会の幹事としての挨拶の仕方

新年会での幹事の挨拶の仕方とは

新年会は、新しく迎えた年を明るくスタートするための大切な行事です。新年会を開く機会としては、会社の行事や町内会など地域行事、または所属するクラブやボランティア団体や友人・親戚の集まりなどがあります。

どの団体としての新年会であっても、幹事となったからにはきちんとその役目を果たし、明るい会になるようなスピーチ・挨拶を心がけましょう。新年会での挨拶一つで、場が大きく盛り上がります。

新年会の幹事の挨拶は明るく

新年会の目的は、どのような団体での行事であるかにかかわらず「明るく元気よく新年をスタートさせる」ということです。そのため、極力マイナスな言葉や暗い話題はしないようにすることが大切です。

もし昨年度に何かよくない出来事を経験してきたとしても、それを新年会に持ち込んでしまうのは絶対にタブーです。時事の話題を出すにしても、未来に希望を感じさせるような出産や結婚といったものを使うようにしましょう。

新年会の幹事の挨拶に最適な話題とは

具体的に新年会の幹事としての挨拶に適したネタとはどういうものがあるのでしょうか。最も無難なのが、その年に予定されている明るい話題を使うことです。ロケットの打ち上げや数年ぶりの天体現象などは最適です。

反対に政治関連の話題などはあまりよくないでしょう。今年一年のやる気を促し、さらなる人間関係の潤滑かを促すため、前向きで全員にとって心地よい話題でまとめることが大切です。