TOPページ > あがらない

人前に立つとあがってしまう

スピーチの準備は万全、次は俺の番だと、前の人がスピーチをしている間は自信とやる気に満ち溢れています。しかし・・・。自分の番になり、司会者の紹介で人前に立つ。突然、頭は真っ白になり、周到な準備をしてきたスピーチもどこかへ消えてしまう。

そういう経験はありませんか?人前に立つということは誰でも緊張することです。人前に立つことが仕事の芸能人の方でさえ、ステージに立つ前は毎回緊張するという話は聞きます。

しかし、芸能人の方はその緊張によって押しつぶされるということが滅多にないのは何故でしょう。それは場数を踏んだ経験だと言えます。同じことを繰り返せば、人は慣れるものです。それは人前に立つこともそうです。

恥ずかしい、みんなが注目していると思うと、どうしてもあがってしまいます。しかし、何度もそういうことが続くとどうでしょう。きっと慣れるはずです。今日もまた同じことだと思うようになれば、緊張はするものの、あがるということはなくなるはずです。

それと、これは極論かもしれませんが、その場にいる人たちは、自分に対してそこまで注目や期待をしているということは少ないと思います。そう考えれば、あがるという気持ちはどこかへ吹き飛んでくれるでしょう。