TOPページ > スピーチの速さ

スピーチの適度な速さ

スピーチが速すぎても遅すぎても良い印象を持ってもらうことはできません。スピーチが速いとそれだけで何を言っているのかわかりませんし、せっかく良いスピーチをしていても心に残ることはありません。ただ、どの程度の速さならスピーチに適しているのか、意外に知らない方も多いのではないでしょうか。人が聞いて心地よいと感じる速さのスピーチができるようになると、耳を傾けてもらうことができるのは言うまでもありません。

では、どのくらいの速さが一番良いのかというと、1分間に300字程度を読む速さだと言われています。ちなみに、1分間に250字ならゆっくりと説得する感じのスピーチになりますし、逆に1分間に400字だと強さを感じるスピーチになります。

その時々によって速さも異なってくることはあるかもしれませんが、一般的には1分間に300字程度が読めると人は心地の良い速さと認識することが多いため、しっかりと聞いてもらうことができるようになります。

慣れないスピーチではどうしても早口になってしまいがちですので、スピーチをすることが予め分かっている時は事前に練習をしておくと良いでしょう。1分間に300字の読む速さを身につけておくと、落ち着いて話をすることができますし、自信を持って人前に立つこともできるようになります。

ただ、すべてを同じ速さで話す必要はありませんので、歌を歌うのと同じで抑揚をつけながらスピーチができると尚良しです。スピーチも歌同様、できる限り時間を使って練習をしておいた方が賢明です。