TOPページ > 話に引き込ませるスピーチ

話に引き込ませるのは簡単ではない

自分のスピーチをどこまで聞いてもらうことができるのか、これはスピーチをされる方にとってはとても大きな問題ではないでしょうか。どちらかと言えば、人前でスピーチをする事が好きという方を探す方が難しいですし、スピーチや演説などを行う機会の多い人でさえも、人を引き込ませるようなスピーチをされている方はほとんどいません。つまり、人を引きこませるスピーチをするということはとても難しいと言っても過言ではないのです。

だからといって、とりあえず言いたい事を言う、伝えたいことを伝えるだけのスピーチでは、面白味もありませんしその場にいる方々はきっと頭の中には入ってきていないでしょう。ならば、人に聞いてもらえるスピーチをするためにはどうしたらいいのか、考えて見るのが一番です。もしも、自分が聞き手となった場合に、どういったスピーチなら聞きたいと思うのか考えてみれば、人を引きこませるようなスピーチができるのではないでしょうか。


スピーチする時間にも気をつける

ユーモアを交えたスピーチをする、誰が聞いても楽しかった、良かったと言ってもらえるよなスピーチを考えることも大切ですが、スピーチの長さにも注目していきましょう。なぜかというと、長いスピーチを最後まで聞いていて楽しいと思えることはほとんどないからです。現に、最後までスピーチを聞いてもらえる時間は約3分だと言われています。一見、3分と聞くと短いように感じますが、スピーチをしてみるととても長く感じるものです。スピーチの3分間でいかに伝えたいことをスピーチに交えていくのか、時間をかけて考えていくと良いでしょう。